しおんチャペルコンサート
しおんチャペルコンサート

 しおんチャペルコンサートVol.228

ドビュッシーにちなんで


しおん チャペルコンサート

コンサート開始前の10分間、朗読グループ"Voice K"による大人のための朗読の時間があります。
4月は昨年に引き続き、黒柳徹子さんの『窓際のトットちゃん』を朗読します。
トットちゃんの通った「トモエ学園」では、子どもの個性を大切にするユニークな教育が行われていましたが、
その精神は「しおん保育園」にも通ずるところがあるように思います。お楽しみに!

開催日 2017年4月15日(土)
時 間 開場14:30 開演15:00
会 場 下里しおん保育園 チャペルコンサートホールにて   
交通アクセスはこちら>>
送迎バスのご案内はこちら>>
出 演
ヴァイオリン : ジェラール・プーレ

指揮者とヴァイオリニストであったガストン ・ プーレ氏 (ドビュッシーのヴァイオリン ・ ソナ タを、作曲家自身のピアノで 1917 年に初演したことで知られる)の息子で、天才少年期 を送る。11 歳でパリ国立音楽院に入学し、 2 年後に審査員全員一致の首席で卒業。18 歳の時に、イタリアのジェノヴァでのパガニーニ・コンクールで優勝。巨匠ヘンリック・シェ リングに師事。キャリアを世界中に広め、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、アフリカの各地で 有名オーケストラと共演。名高い音楽フェスティバルや定期公演に出演している。
偉大な教育者でもあり、 長年教授を務めたパリ国立高等音楽院を 2003 年に退官後、 パリCNR市立音楽院のソリストコースとエコール ・ ノルマル音楽院で教鞭を執り、 2005年4月から 2009 年 3 月まで東京藝術大学の
客員 ・ 招聘教授を務めた。2010年4 月から現在は昭和音楽大学の教授を務める。 78 歳を超えた現在も現役。コンクールの優 勝 ・ 上位入賞者を多数輩出し、日本のヴァイオリン界のレベルを確実に上げている。数 多くのマスタークラス、主要な国際コンクールの審査員(長)に招聘されている。 日本では、京都フランス音楽アカデミー、いしかわミュージック ・ アカデミー、軽井沢国 際音楽祭、河口湖ヴァイオリンセミナー他、アップビートとかち音楽祭、多数の音楽大学 (桐朋、国立、沖縄県芸、愛知県芸、フェリス、作陽、洗足)に招かれている。 1995 年にフランス芸術文化章 及び 1999 年に文化功労賞を受賞。日本弦楽指導者協 会、及び日本フォーレ協会の名誉会員。日本在住。日本をこよなく愛し、日本とフランス をほぼ半々に生活している。www.gerard-poulet.com

ピアノ : 川島余里

東京芸術大学附属高校を経て同大学作曲科卒業、 同大学院修了。在学中 H. ピュイグ = ロジェに師事。1989 年渡仏。パリ国立地方音楽院にてピアノ科とピアノ伴奏科のプルミ エ ・ プリを取得。O. ギャルドン、 G. ジョワ ・ デュティーユに師事。パリのロン ・ ティボーな ど複数の国際ヴァイオリン ・ コンクールの公式伴奏者。パリ国立高等音楽院を始め5校 での伴奏者の勤務を経て、2005 年帰国。同年、大阪吹田音楽コンクール作曲部門にて 第 1 位を受賞。芸大の弦楽科で伴奏助手を務めた後、 現在は同大学と昭和音楽大学 の非常勤講師。伴奏ピアニストとして第一線で活躍。

曲 目  ドビュッシー : ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 ドビュッシー : 牧神の午後への前奏曲
 ドビュッシー : ゴリウォーグのケーク・ウォーク
 ドビュッシー :月の光
 ブラームス : ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 作品108
料 金
前売り:800円<喫茶代込み>
はこぶね会員:800円<喫茶代込み>
当日一般(中学生以上):1,000円<喫茶代込み>
〔小学生までは要大人同伴の上、無料でご入場いただけます]
 上記料金にはお茶(コーヒー、紅茶、ハトムギ茶)などの茶菓代を含みます。
 10枚綴り8,000円の便利な回数券もございます。
 小学生まで(無料)のご入場は大人の同伴が必要です。
 保育士による託児サービス(無料)がありますので、小さなお子様連れでも安心してお楽しみいただけます。
 送迎ご希望の方はご相談下さい。
チケット購入&
     お問合せ
 コンサート当日は、受付での混雑を避けるために、事前のチケットのご予約をお願いします。
 お電話やメールでもご予約いただけます。 
 お問合せ : 電話:042-474-2977  E-mail:shimosato@shionhoikuen.or.jp