しおんチャペルコンサート
しおんチャペルコンサート

 しおんチャペルコンサートVol.250

毛利巨塵 モノローグ3 in SHION


しおん チャペルコンサート

コンサート開始前の10分間、朗読グループ”VoiceK”による大人のための朗読の時間があります。
2月はあべ弘士さんの『クマと少年』という絵本を朗読します。
あべさんは北海道の旭川動物園に25年間勤務された異色の絵本作家。
この作品はアイヌの自然や動物とのかかわり、クマの子と少年の物語を描いたものです。

開催日 2019年2月16日(土)
時 間 開場14:30 開演15:00
会 場 下里しおん保育園 チャペルコンサートホールにて   
交通アクセスはこちら>>
送迎バスのご案内はこちら>>
出 演
チェロ : 毛利 巨塵
東京芸術大学付属音楽高等学校、同大学器楽科、同大学院卒業。大学院において、フランスの名チェリスト、故レーヌ・フラショ教授の薫陶を受ける(約2年半)。
東京ハイドン合奏団、東京ヴィヴァルディ合奏団、東京ゾリステン、あるて室内管弦楽団、シュトルム合奏団、東京室内管弦楽団などの首席チェリストを歴任。現在釧路交響楽団音楽監督。
国外では、ロンドン、エディンバラ、グラスゴー、ウイーン、アルコイ(スペイン)などの都市でリサイタルを開催し、絶賛を博している。
1987年にピアニスト坂田麻里と結成した「デュオ・シャブラン」の東京での公演は好評のうちにこの5月に27回目を終えた(このデュオによるスペイン音楽を収めたCD『パッション1』は音楽芸術誌上で絶賛されている)。バロック音楽から現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、とくに近年は自作品の演奏にも力を注いでいる。国内では毎年各地でデュオ、あるいはソロでたくさんのコンサートを行っている。北海道の釧路博物館での無伴奏コンサートは30年30回を数える。釧路交響楽団音楽監督。釧新(釧路新聞)郷土芸術特別賞受賞。
曲 目

毛利巨塵 無伴奏作編曲集総集編
・日本古謡「今様」による即興曲  
・ノクターン第1番
・ノクターン第2番
・「山寺の和尚さん」によるメタモルフォーゼ
・アルコイの思い出       
・「五木の子守歌」によるラメント  
・「会津磐梯山」
・ヴィターリのシャコンヌ   
           他 編曲作品も演奏

料 金
コンサート当日は、受付の混雑が予想されます。
事前のチケット購入または予約に、ご協力をお願いいたします。

◆ 前売り:800円
 ※ 開催前日の16:30まで、下里・滝山しおん保育園にて販売いたします。
 ※ 電話・メールでのお申込み予約は、開催前日16:30到着分まで承ります。

◆ はこぶね会員:800円

◆ 当日一般(中学生以上):1,000円

 料金にはお茶(コーヒー、紅茶、ハトムギ茶)などの茶菓代を含みます。
 10枚綴り8,000円の便利な回数券もございます。
 小学生まで(無料)のご入場は、大人の同伴が必要です。
 保育士による託児サービス(無料)がありますので、小さなお子様連れでも安心してお楽しみいただけます。
ご予約・お問合せ

下里しおん保育園 東久留米市下里7-8-20
TEL:042-474-2910(平日9:00~16:30)
shimosato@shionhoikuen.or.jp